Category Archives: 初釜ーHatsugama

Hatsugama in 2018

例年の心配ごとである天候の崩れもなく晴天のひとひ、支部初釜を総参加者数52名をもち、無事、終了しました。

2018年2月3日 於 The Hotel KITANO

濃茶席

掛物  瑞峯院 吉口桂堂和尚筆 「鶴宿千年松」

花入  鶴首

花  水仙

香合  宝尽し蒔絵 ぶりぶり香合  多田忠雲 作

釜   松地文 平丸羽付 置炉釜  高橋敬典 造

炉縁 独楽継蒔絵

風炉先屏風 如心斎好写し つぼつぼ

棚   袋棚

水指  染付 ひさご

茶入  韓国青坡窯 なで肩     李殷九 作

袋  日野間道

茶器  老松蒔絵 中棗      田中 修 作

茶碗  嶋台             常楽 作

茶杓  堀内宗心宗匠共  銘「相生」

建水  而妙斎好写し 静聴松風  木村清斎 作

蓋置   松唐草

御茶   「雲井の昔」          碧翠園

菓子                兵頭美由紀作

 

 

 

薄茶席

掛物  瑞峯院 前田昌道和尚筆 「大道透長安」

花入    青竹

花  結び柳

釜   天明虫食釜

棚    糸巻二重棚

水指   米国コバルト絵炻器  セールビCo. 造

薄器   溜塗松風汐汲棗    道場宗廣造

茶碗            志野と灰釉薬炻器   ハリス・エングリ造

替   米国で作られた物

茶杓   白竹  銘「松籟」  廣梅院小林太玄和尚

蓋置   万古焼 七宝透     加賀瑞山造

建水             炻器建水

御茶   上別儀         ハー二―&サンズ

菓子         通路 氷室(瓢と梅)  役員自家製

菓子器      萩焼鉢    大和保男造

煙草盆     如心斎好  つぼつぼ

火入れ        銘「同風」   七原肇 作

煙草入    独楽

煙管     如心斎好  糸目

 

Hatsugama in 2017(お稽古始め)

表千家同門会米国東部支部2017年の初釜(お稽古始め)は、昨日2月4日(土)、無事終了致しました。
皆様の、支部を支える強い思いが年々高まり、恒例が定着しつつあるこの初釜が、年を追うごとに充実した会になることを実感致します。
ひとり、ひとりがご自身のすべきことに集中し、更にお互いを助け合うお姿に心から感激しております。
会員の皆さまに心を込めて新年のお茶を振る舞う、その心は会にも反映されていると確信致します。
参加の会員の皆さまの「とても楽しかった」との感想は、私達の思いが通じたことの表れだとも確信しております。
入念な準備、社中の皆さんの取り纏め、全てにおいて、両地区の役員全員による協力のお蔭です。

 

2017年2月4日 於 THE KITANO New York

濃茶席

待合    瑞峯院 前田昌道筆色紙  「松無古今色」

香合   夫婦鶏  服紗シキテ         石田滋圭作

 

本席掛物 瑞峯院 前田昌道 鶏画賛 「鶏鳴開乾坤」

花入   萩                                             十五代 坂倉新兵衛窯

花    水仙

香合   オランダ写 鶏香合  紙釜敷シキテ   永楽善五郎作

釜        松原文 富士形釜  (*風炉釜)           畠春斎造

炉縁   而妙斎写海松(ミル)貝蒔絵           中村宗悦作

棚    輪島真塗 而妙斎好写 四方棚     高橋秋峰作

風炉先  如心斎好写 桑捻梅腰                    小林幸斎作

水指   紫交趾  糸目末広水指             中村翠嵐作

茶入   初花写し                                                笹田有祥作

茶器(飾り) 柳沈金大棗                           関美紀夫作

茶碗    嶋台                               伊東桂楽作

茶杓   瑞峯院 前田昌道作   銘「初音」

蓋置   捏     吉村重夫画 富士ノ絵  楽入窯

建水   菊モウル                 中川浄益作

水注薬缶 独楽繋 銀いぶし                            木村清斎作

菓子器  ロクロ目松溜塗喰籠 内銀溜ニ老松蒔絵  前端雅峯作

菓子器  喰籠 後藤塗 八角喰籠        後藤良三作

菓子   「常磐饅頭」                                       兵頭 美由紀製

濃茶   「雲井の昔」                                    碧翠園詰

 

 

薄茶席

掛 物  軸絵    紅梅喜雀    林 文塘(はやし・ぶんとう)絵

花 入  手桶

花   季のもの

香 合  堆朱    牡丹彫 紙釜敷しきて

風炉先屏風      利休好み梅

釜    新車軸釜亀甲文       菊池政光作

風炉  道安風炉

黒長板

水 指  皆具一式  銘「銀河」     メキシコ製

茶 器  銅製棗   景泰藍(ちんたいらん)

明朝景泰年代七宝

茶 碗  白薩摩    「酉の絵」   橋本陶正山作

替   色絵誰ヶ袖文 「平安」    橋本紫雲造

茶杓   侵竹    初笑い     宝林寺 福本積應好み

建 水 銀河皆具  皆具の中の一つ メキシコ産

蓋 置 銀河皆具  皆具の中の一つ

杓立て  銀河皆具  皆具の中の一つ

飾り火箸

菓子器

干菓子 日本地方の名菓 三種

御 茶 万代昔   薄茶        上林春松本店詰

 

Hatsugama in 2016


 2016年2月6日(土)

於 The Kitano New York

NY・PA地区共催による支部初釜を、ニューヨークキタノホテルにて、無事、開催・終了した 。
前日の大雪で開催が心配されたが、当日は天気も良く予定通り、ご招待のお客様および同門会員約50名を初釜に迎えた。

濃茶席・薄茶席それぞれ6席にて委員の点前にてもてなした。又、点心席はキタノホテルの白梅にて3席設け、美味しい点心を頂きながら和やかなひと時を過ごした。

年に一度のNY・PA地区会員が顔を合わせる初釜に、稽古とは違う茶会を楽しんで頂けたように思う。

道具は、毎年委員が順番で各席を担当する。

濃茶席

軸 「福禄寿」

花入 丹波焼 市野新右エ門作

花  レンギョウ 椿

釜 阿弥陀釜

水指 手桶 真塗

茶入 「古都」信楽肩付  保庭楽入作

茶碗 嶋台茶碗

茶杓 「佳日」大徳寺瑞峯院 前田昌道作

菓子 「桜衣」源吉兆庵製

茶 「雲井の昔」碧翠園

 

 

 

 

 

薄茶席

軸 「福寿」大徳寺瑞峯院 吉口桂堂和尚書

花入 青竹

花  結び柳 椿

風炉 朝鮮切合風炉 高橋敬典作

風炉先屏風 如心斎好 捻り梅

長板 真塗

水指 高麗青磁 石岩窯 霊哲作

茶器 老松蒔絵平棗 浜田智斎作

茶碗 「木守」長次郎写  後醍焼

 替 「三友文」干支申 西村徳泉

茶杓 清山作 「蔦の図」蒔絵

菓子器 瓢盆 九代西村彦兵衛作

干菓子 「ふうせん」末冨製

    和三盆 会員手作

茶  「都の富士」碧翠園

廊下床 而妙斎筆舞扇 「一華開五歯」東部支部発会記念

Hatsugama in 2015

NY・PA地区共催による支部初釜

2015年2月7日(土)於 THE KITANO New York

小雪ちらつく去る2月7日、NY・PA地区共催による支部初釜を、ニューヨークキタノホテルにて、無事、開催・終了した 。

同門会員50名、ご招待のお客様5名を迎え、濃茶席・薄茶席それぞれ6席にて執り行った。
又、点心席は3席設け、和やかなひと時を過ごした。

参会の会員よりの「楽しみにしていました」、そして更に「来年も期待しています」の声に後押しをされ、運営担当7名の委員も準備や片付けの疲れも忘れるような喜びを感じた。

軸 : 瑞峯院 吉口桂堂和尚筆 「鶴宿千年松」

花入:

花: 季のもの

香合: 貝香合

釜 : 天明虫喰い釜

炉縁: 独楽継蒔絵

風炉先屏風: 如心斎好 つぼつぼ

棚 : 高麗卓 一閑塗

水指: 染付  ひさご

茶入: 高取焼 肩衝         亀井楽山 作

袋: 市松宝金襴

茶器: 扇面澪標蒔絵  大棗       鳳斎 作

茶碗: 嶋台               常楽 作

茶杓: 堀内宗心宗匠共筒  銘「相生」

建水: 赤土青釉薬            趣味窯

蓋置: 七宝透          瑞山 作

菓子: 桜餅            源吉兆庵製

御茶: 雲上の友          松北園 詰

 

 

薄茶席

脇床掛物           而妙斎筆色紙                心静芳茶味

二〇一〇年米国東部支部発会記念品

脇床花籠           瓢                                 光悦寺に咲く萩にて 山下恵光 造

花              季のもの

 

掛 物              紫野昌道 筆二行         春入千林処々鶯

棚に              ぶりぶり香合         松竹梅 木製金彩 作不明

花 入              青竹

花                 結び柳 椿

風炉                 唐銅琉球風炉                本部より寄贈の品

釜                     田口釜                          本部より寄贈の品

風炉先屏風       如心斎好み 腰 ねじ梅

棚                     真塗り長板

皆 具              黄交趾 鳳凰宝相華紋   小柳庸山 造

火箸              椎の実頭 而妙斎好写

茶 器              帯鳳凰紋加賀蒔絵大棗            中山幸比古 造

茶 碗

主                            黒楽                           五代 中村道年 造

替          赤楽 飛鶴図                平安桜谷 造

数茶碗           乾山写瓔珞宝珠干支    加藤松香 造

茶杓          銘 道ひらく              輪島 坂下好晴 塗師

干菓子器        独楽高杯                       本部より寄贈の品

菓 子          とこよ              源吉兆庵製

他ニ          通ひ路 和三盆               会員の手造り

御 茶              都の富士                  碧翠園 詰

煙草盆              桑                                 如心斎好み